ゆきぽんのおきらく雑記

当分の間みられそうもない青空 

2017031702.jpg
2017/3

このJR四国6000系

明らかに国鉄車両の血筋が入ってるのに、
形式に何の脈略もないのにも違和感を感じられるが、
よく見ると一筋縄ではいかない、なかなかの変態さんでもある(褒め言葉)

ローカル線で三両編成というと持て余す長さになってしまうが、
よく見ると色々と工夫が凝らされた車両である。
乗務員扉の位置であったり、中間車にも車掌室があったり、
徹底的に集札してやるぞという意気込みが感じられる。

しかも前パンがついていて、霜取り運用にも使えそう。

ひょっとしてコイツは飯田線を走る為に作られた
スペシャルな車両じゃないかと、ずっと前から密かに思っていたのであった。

ちなみに全車豊川生まれでもある。

予讃線 詫間 みの JR四国6000系
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

デルタ線 

2017031701.jpg
2017/3

宇多津周辺のデルタ線が見たくて、早朝から角山という山に登った。

自分より倍は生きているであろうかという人たちが楽々と登る中、
ひーひー言いながら死に物狂い・・・

しかし登った甲斐もなく、サンライズ瀬戸は遅れて来た上に陰ってしまった。


景色は素晴らしいのに、あまりにも悔しいので翌日また登る。
少しは楽に感じると思ったが、死に物狂いなのは同じ。
昨日はリュック一個だったのに、今日はハスキーのデカい三脚が肩に加わっているのだった。

出会うのは昨日と同じ面々。
皆に声をかけてもらって、もう常連さん気分なのであった。

予讃線 宇多津 坂出 285系 サンライズ瀬戸
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

緩やかな山越え 

2011102903.jpg
2011/10

583系が毎日北陸を往復していた時代。

そんなに昔の事ではない。

特別な存在ではなく、
皆の日常のアシとして使われていた。

乗客が寝静まっても、
運転士は孤独な作業をずっと続けていた・・・

北陸本線 敦賀 南今庄 583系 きたぐに
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

バイバイ、リバティ 

2017021803.jpg
2017/2

もう熊谷なんてトコには行けないので・・・
リバティ甲種を地元で見送ってきたよ。

しかし一週間前のメトロ甲種とは違い、
運ちゃんは我々が嫌いな人種の様で(笑)

ハイビーム攻撃を食らっちゃったので、
後から絵を描くように、チマチマ願望に近づけましたとさ。

東海道本線 三河三谷 EF65 東武500系 甲種
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

X DAY 

2001072902.jpg
2001/7

ついにこの時が来てしまった。

ちょっと大げさかもしれないが、
自分の人生は583系への憧れと共に歩んできたといっても過言じゃない。

物心がついた頃にもう583系は身近な存在ではなかった。
その代わり、定期運行が無くなってからは神出鬼没な存在になった。
本州の端から端まで隅々と583系は駆け巡り、それを追っかけた。

その中でも一番の想い出は、2001年7月に一回だけ復活した「月光」「しおじ」
ふだん東北にいる583系は現在でも年に数回、関西に顔を出してはいるが、
この時はその合間に下関まで足を伸ばしてやって来たのであった。

こんな事がいきなり出来たのは、やっぱり国鉄時代に作られた車両だからこそ
会社は三つに別れたとあっても、それぞれの運転士達には気心の知れた車両だったのだ。
それもこんな本州の端から端まで列車を走らせる事は不可能になる。

583系が廃止になれば、国鉄という想い出が更に遠のく。

正直もっと走ってほしかったけど、47年間お疲れ様・・・


山陽本線 本由良 厚東 583系 リバイバル月光
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit