ゆきぽんのおきらく雑記

DD53足慣らし完了 

DD53ばんえつ物語@会津若松区

DD53ばんえつ物語@会津若松区 その2

二日に渡って運転されたDD53の試運転も終了。あさってからの本運転もこれで大丈夫かな。

昨日の晴天とはうってかわって、今日は朝のうちは雲ったり晴れたりとすっきりしない天気。昨日の失敗を踏まえ、メジャーな場所は出来るだけ避けようと思い撮影をスタート。
DD53ばんえつ物語号@東下条

まずは東下条の俯観ポイントからスタート。見渡せる範囲が広いので、一度に違う構図のものが数カット撮影出来る美味しい場所だ。
下に車が二台止まっていると思ったら、近くにいる人が携帯一本でどけてしまった。どうやら知り合いの車だったらしいが、こういう様子を実際目にすると面白い。まるで車が無線操縦されているみたいだ。

阿賀野川流域では、DD53と並んで走った。なかなか楽しいけど追っ付けないという事でもあるので、後の事を考えるとよろしくない。
津川の停車時間を利用して鹿瀬へ先回りするものの、後は遅れを取るばかり。
DD53ばんえつ物語@鹿瀬

仕方なく山都の停車時間を利用して先に出ようという作戦に変更。昨日つまづいた山都駅手前の片側相互通行区間を通らない様にするのが一番と考えた。

しかし自分の車についているのとレンタカーのナビのメーカーが違う為操作を誤った。経由地指定のやり気が全然違うのだ。気が付くと昨日と同じく荻野周辺に出てしまった。
2カットでは少々物足りないので、山都からは喜多方を経由せずに塩川へショートカット。このルートは山道を出来るだけ走らなくて済むから早い。会津という所は盆地といってもそう単純ではないと感じるルートでもある。
DD53ばんえつ物語@塩川

しかし塩川周辺、この辺りは何処で撮っても同じ様な気がして、余り撮意が沸いてこない場所だ。
バックの磐梯山や今の季節だとススキの大群をどう上手く入れればいいか、なかなか腕の見せ所だとは思うけど奮わない。
DD53ばんえつ物語号@山都

上りは山都一本でヤメとする。どうせ100キロ近い距離を突っ走っても実は少ないから。
ちょうど日没間際だけあって空が美しい。早く切り上げても不満が全く残らない素晴らしい情景だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/59-b7d78a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)