ゆきぽんのおきらく雑記

シアンの空 

2011062703.jpg
2011/6/27 信越本線 安中~群馬八幡

タキと連結するのは、何時ぞやか?

待ってたら、ついに20時を超えてしまいましたとさ。
朝までに帰らないといけないのに・・・トホホ。

そしてもうこの時間になると、真っ暗で肉眼では何も見えない。

露出をたっぷりかければ、カメラ上では見えるが、
30秒なんてスローシャッターを多用すると、カラフルな点光源が沢山現れる。
天体撮影の世界ではお馴染みの暗電流ノイズ。
そして画素欠けもはっきり分かる。

そんな条件の中、何度も無駄なシャッターを切って構図を確認する。
右端は明かりのついた跨線橋を頼りに降ればいいと気づいたが、
機関車のある左端は真っ暗でよく分からず、バランスの悪い写真を大量に作った。

こんな時に頼りになるのが、国道上を走る車のライト。
やっぱりHIDのライトを載せた車は明るく、
その車が通り過ぎた時だけ、隅々までくっきり浮かび上がらせてくれたのだ。
スポンサーサイト

コメント

写真素晴らしいですね。
下手な僕にとっては、羨ましい限りです。
車のライトをも使って、写真を撮るとは・・・。
ゆきぽんさんも結構粋なことしますね。
まさかの20時………お疲れ様でした。

1383F #- | URL | 2011/07/29 07:06 * edit *

1383Fさん。いつもコメントありがとうございます。
こんな風に上手く撮れるか分からないけど、
色々と試してみる状況は撮っていて楽しいですね。
あっという間に時間が過ぎて、高速を飛ばして帰宅したのは3時過ぎでした。
ここからはじじ臭い自分語りかもしれませんが、
自分は高校生の時に初めてフィルムの一眼レフカメラを買い鉄道写真を始めました。
今はデジカメの時代で失敗を恐れず幾らでも試せて、いい時代になったと思います。
という事で、写真は下手な鉄砲数撃ちゃ方式で頑張りましょうw

ゆきぽん #- | URL | 2011/07/29 18:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/512-4d91e398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)