ゆきぽんのおきらく雑記

謎のパノラマカー団臨 

なんでも豊川線にパノラマカーが入るという噂を聞く。半信半疑であったが、ガセであっても豊川線なら「しょうがないか」で済むだろうし。

白帯の豊川線入線であるが、自分とはイマイチ相性が悪い。
一度目は車がバッテリー切れを起こし、家から出る事さえ出来なかった。二度目は気づいた時には既に遅く、行ってみれば祭りの後であった。
個人的に豊川線沿線は生まれ故郷で、幼い頃パノラマカーを何度も眺めた路線。という訳で、今回は絶対押さえておきたい。

まず最初は高架駅である八幡駅へのアプローチ区間。先日御津へと抜けるバイパスを車で走っていて、なんとなく撮ってみたいと思っていたのだ。
名鉄7000系@国府~八幡
手前の草が凄くて、それをかわすのにタイヘンであった。それに夏のこういう光線は嫌らしくて、なかなか綺麗に撮れないものだ。

豊川線は一応軌道区間であるので、一枚目の場所以外はほどんと道路に挟まれている。だから美味しい場所は少なく既に満員であったりしたが、諏訪新道信号所の周辺なら飛び入りでも何とかなるかも。そう思い場所を探していると、諏訪町の方から四条のヘッドライトが見え、間もなく踏切が鳴り出した。反対側からも列車がやって来たので、慌てて国府方に向かった。

名鉄7000系@諏訪新道(信)
なんとか間に合った。正直不満がないとは言えないが、ココで撮影出来て本当に良かった。

しかしこの列車、団臨にはお決まりのヘッドマークの類が一切なく、しかも行きは前照灯が付いていなかった。そして乗客はたったの数名、それも片道しか乗車していなかった。確認した訳ではないが、カメラが乗っていたという話もあり、よく見ると謎だらけ。

あのゲームを制作する為に、あの名古屋芸大の教授が貸し切っていた。なんて事で、豊川線をパノラマカーを疑似運転できるなんて事になれば、PS3と一緒に買ってもいいぐらいの気持ちになっちゃうけど、果たしてどんな人がどんな理由で貸し切ったのだろうか?

その後、ついて行けば追い越せるかな?と思いつつ、1号線を北上したがそんなに甘くはなかった。

ここまで来たのだから、舞木でも寄っていこう。
まず保存中の7001F。ここに置かれて半年近くが経つが、ここでこうして見るのは初めてだ。

名鉄7000系@舞木検査場その1
近くに寄ってみると水垢が気になった。フェニックスイベントの時は、あんなに綺麗だったのに。

そして布袋駅に長い間放置されていた、7041F。
名鉄7000系@舞木検査場その2

近くに寄ろうと思っていたら、いつの間にか立ち入り禁止の札が立っていた。
名鉄7000系@舞木検査場その3
下の道路から見上げてみた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/329-7ac54cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)