ゆきぽんのおきらく雑記

日本で一番贅沢な普通列車 

ホームライナー静岡3号
ホームライナー静岡3号@静岡その1

日本国内で走っている列車の中で、一番好きな列車を挙げろといわれれば、迷わずコレを挙げる。

登場して20年近く経つ今でなお在来線最高レベルの接客設備を持つ371系が、たったの310円の追加料金で、それも18きっぷや休日乗り放題切符といった貧民利用者でも差別なしで、普通列車を利用すると苦行となる沼津から浜松までの区間を、最小の停車駅かつ最速で運んで行ってくれる

今日は休日なので、浜松までではなく静岡までしか行かないが、迷わず沼津で乗り込んだ。ただ以前利用した時と様子が違っていたのは、始発駅が三島から沼津になった事以外にもあって、ホームに整理券が券売機で買えるようになっており(って、こうなってからかなり経ってるよね?)
ホームライナー静岡3号@乗車券
なんと席が指定されている。なんてこったい。

以前は号車指定すらなかったので、到着前からホームの一番前に並び、もちろん運転席の後ろでカブりつくのが至福の時であった。パノラマカーやロマンスカーほどではないが、371系は前面展望も抜群である。流石100系の設計に参加したことのある須田社長の時代に作られた車両だけある。

しかし全席自由なのが起ったって、ホームライナーなのに座れない人が続出したという記事が、この列車が走り始めた当初、列車の人気と共に地元紙に書かれてしまったともいう。実際、二人で四人分の席を占領していたOLが、座席に有り付けなかったオッサンと喧嘩しているのをこの目で見たことがあるのだ。

3号車というと・・・ダブルデッカー車。
ホームライナー静岡3号@静岡その2
残念な事に2Fのグリーン席は解放されてないので、1Fの普通席となる。

ちょっとボケているけど・・・
ホームライナー静岡3号@車内その3
ここは普通車でも3列シートとなっている。一人掛けがあると言う事で「あさぎり」の運行時でも、ここのシートを指名買いする人も多いという。

でも今日の指定は、二人掛けの方なんだよね・・・
ホームライナー静岡3号@車内その2
こんな風に車両限界に合わせて、窓側には?がついているので違和感がある。また窓脇には広めの置き台があって、お弁当が食べやすい座席かもしれない。

通常車の窓は巨大でまさしくワイドビューなのに、こっちの窓はコレ。
ホームライナー静岡3号@車内その1
好きな人にはたまらないアングルでしょうなw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/315-c03af513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)