ゆきぽんのおきらく雑記

相模湾を見下ろす 

下りの始発が走り始める頃になっても、暴風雨は収まらず。
どうしようかと一本見送り、二本目で決心。ホームで待っていると、「583系を撮りに行くの?」と声を掛けられ、その方と一緒に根府川まで向かった。

根府川駅の下りホームには雨露、風までしのげる待合室があり、小田原駅でガタガタ震えて待ったのがアホみたいであった。
駅舎でどうしようかと話していたら、もう一人の方がやって来て三人組となった。幸いな事に30分もしないうちに雨は止んだので、風はまだ強いが撮影地に向かう事にした。目的地は石橋の鉄橋、米神のトンネル、そして自分はそのトンネルの上から俯瞰とそれぞれ違っていたので、進むにつれそれぞれ別れていった。

そこには四年ほど前に来ているので、道順は覚えているはずだった。なのに最初の入り口でつまづいた。すぐに折り返し、携帯のGPSで地図を見てみると入口は一本先の道であった。
すぐに急な坂になり、つづら折りになっている箇所もあった。三叉路に出くわしたので、また携帯で方向を確認。方向音痴にとっては便利なもんである。

はぁはぁ言いながら、山を上って下って撮影ポイントに到着。一番乗りであった。
E231系@早川~根府川
ここは線形もいいし、周囲のみかん畑、密集した住宅、そしてバックの海に小田原の街と、美味しい要素が沢山ある。でも全てを組み合わせると、肝心の車両が小さく写ってしまう。583系はたったの6連で勿体ない気がするし、結構悩む。

EF66+コキ@早川~根府川
真ん中辺りにある大木をはじめ、所々に葉の付いてない広葉樹も車体に被るし、今日はお祭りなので、左側の道路には同業者やその車が集結しているのも写り込んでしまう。

反対側には新幹線も微かに顔を出す。撮るには、速くて集中力が必要であるけれど。
500系@小田原~熱海
500系だけはしっかり押さえておいた。
しばらくすると、家族連れで撮影に来た方も見えて、ここも賑やかになった。ここは逆光になるので、日が射さないといいですね、と話していたら、日が出てきたり引っ込んだりと、光線の変化がめまぐるしい。

熱海着から15分ぐらい早い時刻だと思っていたら、根府川で退避があるのか?予想より早く、583系はやって来た。実は前にも同じ様な経験があるのだけど、学習能力がないのか・・・
583系@早川~根府川その1
慌ててカメラを向けたのに、欲張って2カットやったものだから、どちらも微妙な構図となってしまった。

583系@早川~根府川その2
特にこちら。同族嫌悪な気持ちが働いたのか、上り線をカットしてしまった。二枚目の様に撮った方が良かったのか。

帰りは少し離れた所で後打ちをしようと思っていたら、一緒に撮っていた方が石橋まで連れて行ってくれるという。自分の顔に図々しく「連れて行って」と、書いてあったのかもしれないが、たいへん有り難い話。
E231@根府川~早川
背後の海が神々しく見える。以前、吹浦の辺りでもこんな光景を見た事が。
583系@根府川~早川
でもそれを肝心な時に活かせないへたれ。

ここまで連れてきてくれたのに、小田原の駅までどうぞとの事。家族団らんの中、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/292-35ca56e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)