ゆきぽんのおきらく雑記

思わず、ナニコレ某番組に投稿したくなる駅 

名鉄2DAYフリーきっぷを買ってしまったので、今日も名古屋方面へと出かけてみる。

休日のパノラマカー運用。昨日のように矢作橋出庫の変運用が続いていれば津島線に入るし、岩倉出庫の運用に戻っていれば各務原線に入る運用があるはず。そのどちらかを狙いたいと思っていたら、今日はどちらにも入らず、思った様にはいかなかった。

日が沈む頃、上小田井駅にいた。名古屋市の郊外であるが、なんだか煌びやかな街に田舎モノには見える。
前から一度行ってみたいと思っていたマルツに足を向けてみるも、何かつくりたいモノがあった訳でもないので、すぐに出てきてしまった。店を出ると、頭上にやたら高い高架が目についた。

小田井駅@その1
住宅街の中にその駅はあったが、迷惑なほどに存在感のある建築物。

小田井駅@その3
東海事業交通、小田井駅。

小田井駅@その2
ひぇ~、この上に行くのは大変。

小田井駅@その4
覚悟を決める。
踊り場にて背後を振り返る。
小田井駅@その5
なんだ、この空間は・・・

2Fへ到着。
小田井駅@その6

小田井駅@その7
なんだこりゃ~

まだ直進、この階段で進む。
小田井駅@その8

3Fへと到着。
小田井駅@その9
また異様な空間。なんだこの無駄に広い踊り場は。

小田井駅@その10
奥にはプレハブがあった。警視庁の離れ小島にある特命課の如く、JR東海の・・・事務所かと思ったら、単なるトイレ。

そして脇にある階段をもう一登り。ここの階段だけは「乙」型の配置になっている。
小田井駅@その11
ついに屋上というか、ホームに到着。

島式一面二線のホームであるが、列車の交換は夜間に数本あるだけ。
小田井駅@その12
ちょうど枇杷島方面への列車がやって来たが、利用客は四人ほどいた。
キハ11@小田井

こんな駅だと利用者は大変だろう・・・と思えば、3枚目にある通り、ちゃんとこの駅にはエレベータがついている。流石リニアに2兆円をポンと出せる会社の関連企業である。
小田井駅@その13
と言う事は、テロ対策も万全で、この頭上辺りに監視カメラもある。あまり遊んでいると、つまみ出されそうなので、帰るとする。

エレベータのコントロールパネルには、2と3がいつでも追加工事できる様になっている。と言う事は、あの異様な空間は何かに利用する気であるのだろう。もしかしたらリニア?
小田井駅@その14
4のボタンが光っている事にお気づきの方もいるだろう。

実は順路は逆でコレを使って登ってきて、アシを使ったのは降りただけ。なので全く楽ちんの駅訪問であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/277-06978956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)