ゆきぽんのおきらく雑記

真の評価 

今日は天気もいいが空気も澄んでいる。
という事で、下地付近の三線併走区間に出かけてみる。が、お目当てである117系の8連を目の前にして、なぜかシャッターが切れず。
EF65PF+コキ貨物@豊橋~西小坂井
EF65PFの牽く貨物。もう既に稲刈りが済んでしまっている所もあり、タイル状になっていた。

EF65PF@西小坂井~豊橋
放水路の向こう側は全て稲刈りが済んでいた。土曜日という事もあり、やはり3460レは単機であった。

211系@西小坂井~豊橋
コンバインがガリガリと稲を刈っている中、211系が通り過ぎていく。よく見れば東海では貴重な、0番台のボックスシート車だ。

今日みたいに条件が良いと、上の様な風景が中心の写真でも電車の車番がしっかり確認できた。これが夏場の湿度が高い日だと、どうしてもモヤモヤとした不鮮明な写りとなってしまい、カメラの性能を疑ってしまいたい気分になったりする。
これを撮った後、発売されたばかりのEOS 50Dをカメラ屋でいじってきた。

雑誌やネット上であまり触れられてない点を書くと、前面部のグリップ付近に張ってあるゴムの形状が40Dと変わっている。端部の鋭角的になっている部分が丸くなっているが、なんとなく剥がれやすい気がした部分だ。

そして何と言っても羨ましかったのが液晶。当社比三倍の威力は、ぱっと見ただけでも分かる。
専用ボタンも新たにつき、ライブビューでのピント合わせもかなり楽になった。これを見ると40Dのライブビューは取って付けた様な機能に思えてくる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/266-074358b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)