ゆきぽんのおきらく雑記

さようなら7007F その3 

高横須賀駅は30分に1本しか電車が止まらない。7007Fは金山に到着後豊明に回送されると聞いたが、かなり出遅れてしまいそうだ。

太田川では特急に、神宮前ではタイミング良くやって来た普通に乗り換える。次は呼続でと決めていたら、ゾロゾロと30人ぐらい降りていった。こりゃダメだ。
名鉄7000系@有松
結局有松まで行ってしまった。駅の外に一度出てみたが、結局駅のホームに戻った。

実は手持ちのレンズでは届かなかったのでトリミングしてある。エクステンダーを無理して使うのも、DPPで周囲を切り取ってしまっても、同じ範囲なら画質に大差はないんじゃないかと最近は思い始めている。

豊明駅の留置線に7007Fが取り込まれているのを確認すると、いったん知立へ向かった。今日も朝から何も食べてなく、駅内のラーメン屋で唐揚げ定食を頼み平らげる。よくテレビで紹介される店だが、昔ながらのシンプルな中華そばでおいしかった。

さて今日最後の走りは何処で撮ろうか。最近は日没も早くなってしまったので、そんなに南下出来ない。この辺りだと富士松か一ツ木になりそうだが、富士松は雰囲気があまりよろしくなかったので、一ツ木にした。
名鉄7000系@一ツ木~富士松
真っ赤な夕日の中を7007Fは走り抜けていった。次に走る時は、お別れかもしれないが。
最後に名電山中で降りて、舞木検査場へ行ってみる。今日華々しい活躍をした7007Fは既に到着していて、一番端の定位置へと止まっていた。先ほど念入りに洗車されたのに、残念ながら今日が最後の活躍だったのか。

7007Fとゆっくり顔を合わす間もなく、7019Fが動き出した。
名鉄7000系@舞木検査場その2
そろそろと回送線を降りていき、まずいったん停車。
名鉄7000系@舞木検査場その3
ようやく本線の手前までたどり着く。
名鉄7000系@舞木検査場その4
この場所で何本か通過列車を待つ。

そして二駅向こうの本宿まで回送。
名鉄7000系@名電山中~藤川
一足先に7019Fは帰らぬ旅に出た。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/261-3ed23e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)