ゆきぽんのおきらく雑記

別に新幹線なんて乗りたくはなかったのだけど 

飯田線利用者が名古屋に行く場合には、JRの名古屋往復きっぷを使うのが一番お得である。三河一宮~本長篠←→名古屋間往復、平日1900円、休日1600円、500円追加すれば新幹線にも乗車できる。かなり安く使い勝手もよさげな切符だが、この切符、入手性がすごぶる悪い。

名古屋往復割引きっぷ

飯田線は無人駅が多く、最近は有人駅でも終日有人という駅は少なくなった。となると車内で切符を買うことになるが、企画切符の類は車内では発券できないので、車内で買った飯田線内の乗車券を一旦豊橋駅の精算所で全額精算して、それから新たに名古屋往復きっぷを発券という二度手間を踏まないと手に入らないのだ。
これがスムーズに済めばまだいいが、この二度手間に10分は軽くかかるのだ。

今日はそのまた肝心な精算所が閉鎖しており、改札へ行けば新幹線の連絡窓口へ行って買えという。あちこちたらい回しにされている間に東海道本線の快速列車は二本ほど行ってしまい、次の列車までは30分待ちという状態。しかし名古屋行のこだまは10分後に有り。

と言うわけで、JR東海の策略により500円を余計に支払い新幹線に乗せられてしまった。
新幹線はそりゃ快適だ。こだまなんてGWでもガラ空きだからEF席を独り占めできるし、豊橋で二本、三河安城で一本、のぞみひかりに追い越されながらチンタラと走っても、一本前の新快速とほぼ同時到着・・・

三河安城にて


この切符を買う事は、こだまの乗車率を増やす良いカモにされているのでは、とようやく気づいた今日一日であった。
次からは素直に名鉄で行こう・・・新幹線に500円払ったら同じだよ~

という事で
名鉄なごや特割2きっぷ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/24-2bf9106d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)