ゆきぽんのおきらく雑記

10年前の381系祭 in 飯田線 その1 

古いフィルムがまた何処からとなく出てきたので、現像に出してみた。しかし上がりは見事に緑カブリ一色であった。先日掲載した名鉄のモ870を写したフィルムはまっ茶色に濁っていたが、まだあれは色が残っているだけマシだった。今回のは色が全く残っていない。

目が痛くなりそうだが、よーく見てみると381系が沢山写っている。中央線の「しなの」かと思ったが、よく見ると見慣れた飯田線を走る姿であった。そう十年ぐらい前の多客期に運転された臨時の「伊那路」であった。
それらをフィルムスキャナーにかけ、Photoshopでいじってみると何とか色が出てきた。赤色も怪しく完全復元とはいかないが、思い出に残るモノなので必死で再現してみた。

1997年、GWかお盆休みかは忘れてしまったが、連休中の長山駅。ここで定期と臨時の伊那路がすれ違い、373系と381系の新旧車両が出会うと言う事で出かけたのだった。
381系伊那路@長山

まず臨時の伊那路がやって来た。飯田を朝一番で出発し名古屋まで延長運転するという、なかなか便利そうなダイヤだった。

伊那路82号[9082M]
飯田702→天竜峡717-17→平岡744-47→水窪809-09→中部天竜822-22→三河川合841→湯谷温泉849-49→本長篠856-57→新城908-08→東上913→長山916-21→豊川926-27→豊橋935-42→蒲郡952→安城1007-08→大府1017-18→名古屋1032

豊橋方にパノラマグリーン車が連結されるという定期よりも豪華な編成。ご覧の通りヘッドマークはシール貼り付け。バックは今は無き、変わった構造で有名だった旧駅舎。
381系伊那路@長山その2

直前となって場所を駅舎側へと移すが、なんと反対側からやって来たのは同じく381系であった。
そういえば何となく同業者が二、三人いたが、彼らはこの状況を狙って撮りに来たのだろう。多分この状況をつかめていないのは、自分一人だけか?

その状況というのはこうだったらしい。前夜に出発した「ムーンライトながら」が悪天候で名古屋までたどり着けず、「伊那路」で使用する車両が送り込まれなくなってしまった。
現在でもこんな状況はよくある事だが、大概あっさりと運休が決まってしまう。しかしこの時はまだ「伊那路」は特急に昇格したばかりで、おまけに連休の書き入れ時という事もあり、わざわざ神領から381系を呼び寄せ代走させたのだ。

10年前の381系祭 in 飯田線 その2につづく・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/188-da8a41de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)