ゆきぽんのおきらく雑記

鉄道趣味の将来 

まぁ凄い人出で、疲れるだけだった。
人が入らぬ様にこちらも必死に撮ってるので、そんな思いは伝わらないと思うけど。
EF58-157@七久保駅


その後なるべく人がいない様な所を探して回る。そしてある場所で撮影後に、婆さんと5歳ぐらいの男の子の二人連れに引き止められる。

その男の子はすかさず「あの列車はなあに?」と聞いてきた。電車じゃなく列車と言う所ががミソであった。
どうも子供は苦手である。でも無視する訳にはいかないので、「レールを運ぶための列車だよ」と答える。すると「いーえふごはちだよね」と聞き返してきた。ちゃっかり知っているのである。

そして「今日見られて、本当に運がよかったね」と言ってあげた。
またその子は茶色のEF58が牽くトロッコに乗って、レールパークにも行ったと楽しそうに言ってくる。「茶色のEF58はどうしたの?」って聞くから「もう引退しちゃったよ」と答えると残念そうな顔をした。その端で婆さんには「二人は話が合うねぇ」なんて笑って聞いてるし、その言葉を素直に受け入れていいのか(笑)

でもこの子が大きくなる頃には、走行可能なゴハチは無くなっているだろうし、第一鉄道趣味って面白いのだろうか?だから「あんまり深入りするもんじゃないよ」とも言いたくもなるが、そんな事は実際言えない訳で、そのまま分かれたのであった。
EF58-157+チキ@大海

大海駅でチキ2両を後部に連結。チキだらけの大海駅というのも、なかなか壮観である。その空いた所をコソコソと定期の普通電車が通り抜けていくという感じ。
3番線にあるチキを工事用DLで牽引し2番線に転線。最後の連結作業はゴハチによって行われた。ゴハチは高速走行が大の得意らしいが、こういう細かいスローな走りも得意なのだろうか?
EF58-157+チキ@大海その2

チキ6連の堂々たる編成。

東上の大曲を上から見下ろすと、例のオヤっさんはご苦労な事に椅子持参で監視をしていた。そのせいで人はまばら。お陰でとばっちりを受けたのは野田城の築堤付近で、50人ぐらいは集まっただろうか。自分はのんびりと駆けつけたのですぐさま退散。
横に住むオバちゃんもご苦労な事に、駐車しようとする車を誘導しながら、こんなに人が集まったのを見たのは初めてと、その様子を見て笑っていた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/179-b5b78abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)