ゆきぽんのおきらく雑記

古きよきソニーの時代 

Macも久しぶりに起動させてみた。
IEを立ち上げ、このページを開いてみるがなんだかおかしい。313系の帯がまるで719系の様な緑色である。う~ん、この色もなかなか似合うな、と暢気に思っている場合ではない。

次にこのプログにリンクをしてもらっている、sinyaさんのプログを開いてみる。
やっぱりおかしい。壁紙の色がこちらも緑である。だーっつと下へスクロールしてみると、おぞましいモノを見てしまった。
アップルマルチスキャンモニター

真っ赤なはずの東武1800系が真っ黒・・・

モニタの赤色が死んでいるっぽい。
このモニタはソニー製トリニトロンのアップル・マルチスキャンディスプレイ。94年頃PowerMac6100と一緒に購入したから、もう13年目に入るものだ。

さてどうしよう。今やCRTなんて産業廃棄物扱いで、しかもデカイから処分費用も高く取られそうだ。しばらく部屋のオブジェとして置くしか無さそう。5色のリンゴマークがクラッシックでお洒落でしょって見せびらかそうか。
なんて思ってオロオロしていたら、Macの電源コードを抜いてしまった。
慌てて電源コードを繋ぎ直し、近くにあるディスプレイのコネクタを見た・・・すると単にコネクタが抜け掛かっていただけであった。

アップルマルチスキャンモニターその2

再起動オンで、MacOSのロゴが表示され、左から機能拡張のアイコンがゾロゾロと並び出す。繋がっていないタブレットのアイコンについている?マークが真っ赤に光っていた。ああ、良かった。

やっぱりこの頃のソニーはいいもんだ。特にブラウン管は最高だ。家のテレビは30年近くオールソニー(ビデオも揃えてしまったのが、アカンかったが)で、居間で使っていたテレビも92年に買って去年まで現役であった。自分の部屋にある99年製のテレビもビクともしていない。11年のアナログ停波まで大丈夫そうだ。

しかし余りにも出来が良過ぎて、液晶テレビ全盛時代に乗り遅れてしまったのも事実であるけど、この技術でハイビジョン管を作り続けて欲しいもんだ。
去年引退したソニー製テレビの代わりに、東芝製のハイビジョンブラウン管テレビを買ったが、あんまり品質がよくないもので更にそう思ってしまう。
スポンサーサイト

コメント

東武黒船?

トラバありがとうございます。
 黒い1800なかなか怖いです(爆)
 いつだったかどっかのサイトで見たウソ電のボンネット型の583系も怖かったですけど(爆)。
赤が抜けると真っ黒になるんですね。
 私のTVも89年製のSONYの27型ですが、昨年完全に映らなくなり捨てるのも大変でそのまま部屋にドカンと放置状態なわけで。。
 現在はパソコンでTVを観ている状態です。年内には液晶TVをと思ってますが、なかなか貯金もたまらずorz。。。。

sinya #- | URL | 2007/06/01 10:50 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/139-86871f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)