ゆきぽんのおきらく雑記

真の酷道とはココだと思う 

気が付いたら、門島にいた。
EF58-157+チキ@その1


EF58-157+チキ2両。
EF58-157+チキ@その2


今回は電車で撮影に来ている人が結構いた。門島駅で撮影後、10時14分発の普通豊橋行に乗れば、上手いこと先回りが可能なのだ。

というか、こんなトコは電車で来たほうがいい・・・

平岡付近で撮影後、県道1号線で中部天竜へ抜けようとするものの、伊那小沢付近まで進むと「全面通行止」という看板が。さすがキングof県道1号、こちらの思う通りには進ませてはくれない。
ふと道脇の行先標識を見ると、反対側に「水窪」と書いてある。ああ、水窪か、ちょっと遠回りだけど城西のS字橋にも寄れるし、まぁいいかな・・・その時はそんな軽い気持ちで、その道に踏み込んだのだ

そうここは、天竜川林道。小和田駅へ繋がるという事で、秘境駅マニアには有名な道路だ。しかしこの時にはここが林道とは知らなかった。

林道とはいえ舗装されており、対岸の県道1号を知っていれば、それほどヒドイ道だとは思えない。道幅は狭いが、対向車は全く来ないので気にならない。

ここから静岡県

静岡県水窪町・・・

しかし県境を越え、静岡県に入ると落石が転がっている光景を嫌というほど目にする。ただでさえ地盤が脆い地域な上、集落がある長野側に比べ、静岡側は通行車も少なく整備も手薄なんだろう。

上から落石が落ちてきたらどうしようかと冷や冷やするし、車の床下からは石を跳ね上げたり踏んだりと、ダメージをこれでもかと与え続ける。パンクしたらどうしようと最初は思うが、しばらくするとパンクだけで収まればいいが、と思うようになる。

車

なんなんだろう、この歴史的価値のありそうな車は。一応ここはゴミ置き場みたい。

こんな道でも途中トンネルが三箇所もある。特に水窪側のトンネルには、1メートルはあろうかというツララのお化けが垂れ下がり、ただでさえ不気味な雰囲気なのに、怖いって何の。

googleマップ~天竜川林道の全容

早くこんな道から抜け出したかった。しかし進めども進めども、これでもかと鬼の様に曲がりくねった道が続き、ハンドル操作を放棄したくなる。もう終わりの無い悪夢を見ている様であった。

水窪町を望む

この光景を見た時は、ふっと胸をなぜ下ろした。ああ、水窪の街が見える。ああ、人の営みが感じられる。ああ、車から焦げた様な匂いがするよ(ブレーキの使い過ぎか?)

もうこんな道、二度と走らねーよ、と思いながらも、県道1号線よりも高い所を走るので景色は抜群。装甲車みたいな車を持っていれば、また行きたいと思うけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukipon583.blog48.fc2.com/tb.php/110-41f71d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

飯田線を走る姿も板についてきたのに

ガマンできずに伊那谷まで行って来た。伊那松島にはかなりの人が集まっていたが、さすが過去に撮影会を何度も開催した事のある伊那松だけあって、上手い事捌いていた。その後、沢渡の40パーミル区間へ。一度行ってみた

ゆきぽんのおきらく雑記 | 2007/05/14 14:39