ゆきぽんのおきらく雑記

いかがわしいカンバン 

2004052701.jpg
2004/5

かつて美濃町線の架線柱にはよく広告がついていた。

よくというか、ウザいほど乱立しているのであった。

関市に入ると、ニッケンという広告が目についた。

ピンキングハサミ、カミソリ、はさみ・・・
刃物の町らしく刃物メーカーであった。


そして岩田坂周辺の乱立していたのは、京都!

岐阜なのに京都
よそ者には???である

岐阜には都ホテルもあるが、いかがわしい方のホテル京都が金華山の麓にあるのであった。


しかしこの記事を書く前にストリートビューで確認したら、跡形なく無くなっていた。

真横のホテル東京はまだ現存しているみたいだったが、

まぁどうでもいいや・・・
スポンサーサイト

今や・・・夢の中のコラボ 

1992122701.jpg
1992/12

南部縦貫鉄道は朝と夕方にしか走ってなかったので、
お昼すぎに到着しても乗ることができず。

隅っこにある南部縦貫鉄道側ホームにも待合室があり、
中に漫画ぐらいは転がっていたと思うが、
暖房も入ってない所にいてもしょうがない。

しかし列車はアイドリングしたまま、窓を開けて放置してあったので、
待ち時間を満喫することが出来た。

宮脇俊三氏みたいに、このキハ101の床板をめくってみたかったが、
それはやめておいた。

一足お先に 

2004052602.jpg
2004/5

まだ美濃町線は全線廃線前のこと。

先立って無くなってしまった末端区間の美濃駅へも足を運んでみた。

もう電車は来ることはないが、運良く生き残った車両たちに囲まれて、
なんだかホッと出来る場所だった。

もうあれから10年、また訪れてみたいと思ったりして。

今日は119系の日! 

2006050402.jpg
2006/5

今日は1月19日ということで・・・

あと一時間半しかないけど、気づいたので貼っておく。

これも古いコンデジで気軽に撮ったから、
カメラの性能的には画質に不満があったりするが、
改めて見ると結構いい感じだったりする。

カワイイ顔して街を闊歩する 

2014011001.jpg
2014/1

福井鉄道の大型車はまだ三運用ほど動いていた。