ゆきぽんのおきらく雑記

数日後に出会えることを期待して 

2011073001.jpg
2011/7/30 飯田線 東上~野田城

119系E4との併結運用。

何度か撮影するチャンスを得たが、いっつも飯田色は後ろ側であった。

地元で前側に来る列車といえば545Mであるが、豊橋発は18時過ぎ。
一年のウチで撮影できる季節は、ほんのわずかしかない。

夏が終わり、E4編成が入る運用も変わってしまい、
545Mには入りそうもなくなってしまった。

そう思っていたら、ギリギリ日照のある時期に元の運用へ復帰である。
しかし今日は思い通りにはいかなかったのであった・・・
スポンサーサイト

シアンの空 

2011062703.jpg
2011/6/27 信越本線 安中~群馬八幡

タキと連結するのは、何時ぞやか?

待ってたら、ついに20時を超えてしまいましたとさ。
朝までに帰らないといけないのに・・・トホホ。

そしてもうこの時間になると、真っ暗で肉眼では何も見えない。

露出をたっぷりかければ、カメラ上では見えるが、
30秒なんてスローシャッターを多用すると、カラフルな点光源が沢山現れる。
天体撮影の世界ではお馴染みの暗電流ノイズ。
そして画素欠けもはっきり分かる。

そんな条件の中、何度も無駄なシャッターを切って構図を確認する。
右端は明かりのついた跨線橋を頼りに降ればいいと気づいたが、
機関車のある左端は真っ暗でよく分からず、バランスの悪い写真を大量に作った。

こんな時に頼りになるのが、国道上を走る車のライト。
やっぱりHIDのライトを載せた車は明るく、
その車が通り過ぎた時だけ、隅々までくっきり浮かび上がらせてくれたのだ。

待ちぼうけ 

2011062702.jpg
2011/6/27 信越本線 安中~群馬八幡

貨車の方は素早い作業であっという間に切り離されたが、
機関車だけが駅の外れでボッチにされていた。

タキ15600 

2011062701.jpg
2011/6/27 信越本線 群馬八幡~安中

昔、水戸線沿線に住んでいたが、
この安中貨物は因縁をつけたくなる対象であった。

毎日寝静まった頃、恐ろしい騒音と振動をたて通過していくのである。
当時ホントに線路際ギリギリに住んでいたのでたまったものではなかった。
その話を職場の人にしてみると、10キロ先でもコイツがやって来るのが分かるという。
そりゃ大げさすぎると思うけどw

その安中貨物もその地を離れてから、水戸線を通らなくなり、
牽引機もこんなカッチョいい機関者に代わった。

twitterを見ていたらakatukidesugaさんが、
この貨物に連結されているタキの方が近々更新されるかもしれないとつぶやいていたので、
群馬と別れを告げる間際に寄ってみた。

ここには以前583系の団臨が入って、このオーバークロスの上で構えた記憶がある。
その時とは少々立ち位置を変え、タキの屋根上がよく見えるようにと、
金網が掛かってない一番端で陣取った。
一番乗りの特権である。

誰もこないと思ったら、五分ほど前にゾロゾロとやって来て、
少々賑やかくなってきたのであった。

出発! 

2011062602.jpg
2011/6/26 上越線 水上駅

ターンテーブルでのお披露目が終わってから、
駆けつけてみると、もうスペースはほぼ埋まっていた。

しかしまだ出発まで二時間以上あるから、手持ち無沙汰。
なかなか暇を潰すのも苦痛であった。

この日は冒険せずに、こうして定番どころで狙ってみた。
次は自分らしい写真を狙ってみたいと思っているが。
先の記事にも少し書いたように、
なぜかこの区間には苦手意識があるのだ。

少々、苦悩 

2011062601.jpg
2011/6/26 上越線 敷島~津久田

なんかあらゆる点で、言い訳がましいけど・・・

上越線のこの区間はSLが長く走り続けている土地だから、
自由に撮影できるという雰囲気ではなくなっているし、
新たな発見もし難くなっている。

だからもう既に他の線区でC61を見たいと思っちゃうんだ。
正直にね。

でもこの場所はいい所だと思った。
ネット越しで見た時から、撮ってみたかったんだ。