ゆきぽんのおきらく雑記

見通し抜群 

2010051602.jpg
2010//5/16 室蘭本線 黄金

羊蹄山といったら、山線と切っても切り離せない存在。

それが室蘭本線沿線で見られるなんてビックリ。
思わず地図で確認してしまった。

洞爺湖があるお陰で、こんなにスッキリ見渡せるのだ。
スポンサーサイト

約10年・・・ 

2010051601.jpg
2010/5/16 室蘭本線 有珠~北入江(信)

まるで山線のようなカーブ。
いや山線でも、こんなに綺麗に決まる場所は少ない。

右手には今でも微かに噴煙を上げる有珠山が見える。
約10年前、この山の噴火で被害を受ける人々たちを尻目に、
自分は山の向こうで撮影を楽しんでいたのであった。

そんな自分のようなバカ者をあざ笑うようなカーブが、
なんと有珠山の麓にもあったのである。

複単入り乱れ 

2010051502.jpg
2010/5/15 室蘭本線 北舟岡

先日あげた、海バックの貨物列車

本当はトワイライトエクスプレスをあんな風に狙おうとしていたのに、
とんだお邪魔虫。

この辺は単線区間も入り乱れているので、こういう予想外な交換があってしまう。
「赤熊出注意」というタイトルは、そういう意味もこめてつけたのだ。


手前の貨物列車を見ると慌てて駅まで戻り、跨線橋の上でカメラを構えた。
まぁまだ初日、こんな場面もいいかな・・・と正直、半ば諦め半分でもあった。

赤熊出没注意 

2010051501.jpg
2010/5/15 室蘭本線 北舟岡

10年ぶりに北海道へ行ってきた。

北海道らしい景色が見たくて、はやる気持ちで千歳空港を飛び出すが、
南下するごとに雪山やカラマツ林がどんどん少なくなっていく。
室蘭の無機質な街並みでは、いつも見慣れた景色にますます近づいていた。

伊達の街に入ると今度は桜が目に付くようになった。
幸いな事に今が満開であるが、ますます北海道に来た感じが希薄になった。

ここはそこから少し戻った、街外れ。
この辺りはまだまだ市街地であるが、駅の周りは牧歌的な風景が広がっていた。

未舗装の道路に、そこを砂煙を上げて走るクルマ。
その先には小さな駅と、この景色。

ようやく北海道に来た事を実感したのであった。

おとぎの国から 

2010050501.jpg
2010/5/5 飯田線 三河東郷

色がなんだかメルヘンチックでしょ・・・

正面からただ撮っただけの写真なんだけど、
それだけで思わず載せてしまったんだけどさ・・・


なんだかカメラを持ち出すのも久しぶりな気がする。

最終日にようやく「秘境駅」号を撮る事が出来たのだった。

地味派手 

2010050301.jpg
2007/3/

う~んと、日付はコレでいいのかな。相変わらず自信なし。

桜ならともかく、梅と鉄道という組み合わせはなかなか難しい。
その中でもこの写真が一番だと、スキャンして改めて思った一枚。
しかしゴハチという役者のお陰もかなり大きい。

この頃の飯田線は115系の引退が決まり、
このゴハチ工臨も廃止の噂が立ち始めた時期であった。

四枚ほど前の写真と同じく、当時投げ売られていたコダクローム64を使った。
が、フジクロームばかり使っていたので、今でもこの色に若干違和感を感じてしまう。
そこで、ちょいとばかり青みを足してしまったのだ。

白のグラデーション 

2010050101.jpg
2002/11/3 常磐線 広野~木戸

何処で撮ったのか?詳しい場所は忘れてしまったが、
茫洋とした海の間近を走る、この辺りの風景は大好きだ。
太平洋岸であるが、なんだか日本海沿岸に似たような雰囲気も感じる。

特急と言っても普段この区間には、
こんな可愛い編成が数時間おきにやって来るだけだが、
時刻表を見るとGW中は7両の基本編成も入ってくる。

全く古さを感じさせない「スーパーひたち」も昭和の車両。今年で23年目。
何時までも新車のつもりでいると、いつの間にか消えてしまうだろう。

また太平洋と、いつまで経ってもセンスのいいデザインの651系を見に行きたいと想う。