ゆきぽんのおきらく雑記

後悔先に立たず・・・ 

R7バイパスを吹浦方面に向かって歩く。
この時期、雪国の歩道は使えない。休日の朝とあって車は少ないが、時折やって来るトラックに怯えながら車道を恐る恐る進む。
日本海3号@吹浦~女鹿

駅近くのオーバークロスで日本海とすれ違う。
Sカーブした線路と氷結した国道。その間に肩を寄せ合う様に建つ民家に、バックに荒れた日本海。様々な物が詰め込まれたという構図で、今思えばココで撮るのも悪くなかったかも。

しかしまだ2キロほど歩く。線路際に寄るとSカーブになる有名撮影地。そこには5人ほど同業者がいたが、国道沿いで俯瞰気味に撮る事にした。

まずは構図。海が傾かない様にと、ライブビューに方眼を表示させてチェック。そしてテストで一枚切って露出もチェック。デジカメは本当に便利だね~。次はピント、ライブビューでしっかり合わせようとリングを回すが、レンズにガタが来ていて上手く回らない方向がある。このEF70-200mmは既に10年以上使っている。そろそろOHに出した方がいいのかも。

悪戦苦闘して合わせている最中に、いきなりやって来た。慌ててシャッターを切ったが、ピントは厳密には合ってはいない。フィルムなら現像が上がるまで後悔は先送りできるが、デジタルでは可否はすぐ分かるから、いい気分ではない。
583系秋田車団臨@吹浦~女鹿

構図もイマイチだ。秋田車が6連化されてSカーブでは綺麗に収まらなくなったので、ここで俯瞰気味に撮りたいとずっと思ってはいたが、ここでは編成全ては入らない。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

某氏のランキングでは38位という秘境駅 

もう一日山形に居座れれば、秋田車の583系も羽越本線で撮影できる。これはまことに都合が良い。という事で昨日の夜は酒田に泊まったのだ。

ぜひ女鹿辺りで撮影したいが、ただでさえ羽越本線の普通列車は少ないのに、女鹿駅に停車するのはその中でもごく一部。
女鹿駅では朝の下り列車は全て通過するが、上り列車には停車するものがある。なら一駅向こうの小砂川で、その上り列車に乗り換えばいいじゃないか。
そうは思うが、上手くはいかないもの。上下列車はその小砂川で交換するので、接続にまったく余裕が無い。時刻表で見ると同時発着なので、上手く乗り換えができるかは?なのだ。

まずその事を、前日酒田駅の駅員氏に相談してみた。
まず駅員氏は時刻表を開いた。自分も穴が開くほど見てるし、それで不可はわからない。もう一声掛けたらダイヤグラムを持ってきてくれた。それによればこの区間は単線なので、下りがまず到着し上り列車が来るのを待つと調べてくれた。
同区間の普通列車を見ると、所要時間が7分から9分とバラつきがある。乗ろうと思っている列車は9分かかるので思った通りだ。

ただしその時間はたった1分ほどで、小砂川駅の乗り換えには跨線橋を渡らなければならないという。この時期は天候が荒れて定時運行が難しい事もあり、その計画はやめておいた方がいいとの返事。

しかしやめれと言われるとやりたくなる。ダメなら小砂川駅周辺で撮影できる所を探そう。そう思い次の日駅へ行くと、改札にいたのは昨日相談した駅員氏であった。その時は何も言わなかったが、「やるのか?しらねーぞ」という顔をしていた。

酒田642→小砂川709
 [533M]701系秋田車*3 ★☆☆☆☆

小砂川の乗り換えを成功させるためには、跨線橋のたもと近くに陣取る必要がある。そこで車掌氏にどの辺が近いドアかと聞いてみた。話の都合で女鹿に行くためと・・・言ったら、車掌氏は親切にも上り列車の車掌に連絡をしておいてくれるという。だから慌てず乗り換えてくれとも言ってくれた。本当にありがたいお言葉。

女鹿の一つ手前、吹浦では上り貨物列車を待つが遅れてやってきた。そのお陰で列車は3分ほど遅れ704に発車。車掌に相談しておかなかったら、計画はこの時点で泡と消えていただろう。

列車は女鹿駅を通過。ホームは雪で覆われていて、ラッセルがタイヘンそう。

遅れのせいで、小砂川には上り列車が既に待っていた。息切れ寸前で階段を上り下りすると、上り列車の車掌氏が「女鹿までのお客さんですね?」と声を掛けてくれた。本当にスンマセン・・・

小砂川710→女鹿715
 [524M]701系秋田車*3 ★☆☆☆☆

無事女鹿で下車する事が出来た。車掌氏に頭を下げて降りる。
ホーム@女鹿駅

普通列車が発着する1番ホームはしっかり除雪されていたが、地元の人によって管理されているお陰。こんな早朝に何の為に現れたのか?正体不明な余所者にも、快く挨拶をしてくれた。

実は15年ほど前の年末にも、この駅で降りた事がある。(やはり583系を撮りに来た。急行「津軽」だった。)、その時にも朝早くから作業をする人を見かけ、同じ様に挨拶を交わしたのを想い出したのだ。
駅舎@女鹿駅

ちょうど20年前に駅へ昇格したが、信号所だった形跡のペンキ跡は今でもはっきりと分かる。
-- 続きを読む --

中だるみな二日目 

改札にはゲレンデ蔵王利用客への歓迎幕が掲げられていた。それを見ながら、仙山線の二番列車に乗る。「ゲレンデ蔵王」は7時51分にここへやって来る。

山形628→山寺646
 [822M]719系仙台車*6 ★☆☆☆☆
※★は乗車率

仙山線といったら山寺の立石寺バック。ホントに何も考えずに来てしまったが、ここへは「シュプール蔵王」時代にも訪れた事がある。その時は暖冬で雪が全く無く、写真の上がりもピンボケという散々な結果だった。
583系仙台車@山寺~面白山高原

日が当たれば最高の条件となりそうなのに、太陽はまだ山の影。面白くないのでホワイトバランスをイジってわざと青白くしてみる。
立石寺

駅へ帰る途中、山の上の方から夜が明け始めた。

山寺815→山形833
 [823M]E721系仙台車*4 ★☆☆☆☆

折り返しの時刻は全く分からないが、昼近くになるという事をどこからともなく聞いた。なら一旦戻って583系を見てきましょ、って事で山形行きに乗り込む。
583系仙台車@山形駅

山形駅5番線に留置中の「ゲレンデ蔵王」。時間は25分ほどあるのでゆっくりとと思ったら、すぐさま701系が反対側ホームにお邪魔虫をしにやって来た。
-- 続きを読む --

ようやく雪景色にご対面 

マックスコーヒーを飲み終える頃には、列車は黒川を越え東北に入っていた。しかし車窓にはなかなか雪は現れない。

黒田原1342→郡山1437
 [2139M]701系仙台車*2 ★☆☆☆☆
郡山1552→福島1540
 [1147M]E721系仙台車*4 ★★★☆☆
福島1604→米沢1651
 [451M]719系5000番台山形車*2 ★☆☆☆☆
★は乗車率

しかし庭坂を過ぎ、板谷峠に差し掛かるとあっという間に雪景色へ突入。峠駅では力餅の売り子が居たが、30秒停車では買えるわけがない。

ここまでは普通列車が一日6本という、本線とは思えない区間を乗り継ぎながらも奇跡的に接続はスムーズであったが、米沢では一時間ほど足止めを食らう。
反対側のホームには米坂線の列車が接続を待っていた。車両はキハ58の国鉄色、車掌が早く乗れと手招きしている。思わず乗ろうとしてしまったが、坂町まで乗ってしまうと今日中にここまで戻って来れない。やばいやばい。
キハ52新潟色+国鉄色@米沢駅

列車が行ってしまった後に見回すと、キハ52を先頭とする二編成の車両が止まっていた。新潟色と国鉄色、次の列車は後者の様である。
キハ52国鉄色@米沢駅

既にアイドリングをさせ、ライトも付いている。が、扉は開かず乗り込めない。
-- 続きを読む --

おきらく俯瞰撮影♪~ 

ながらに乗っていて、意識がなかったのは横浜の手前ぐらいでほどんと記憶がある。眠たくてしょうがないが、山手線で上野に出て東北本線を北上する。

東京512→上野519
 [450G]E231系500番台東セ車*11 ★★★☆☆
上野547→宇都宮728
 [525M]E231系小山車*15 ★★☆☆☆
宇都宮737→黒磯828
 [1531M]211系高崎車*5 ★★★★☆
黒磯837→黒田原846
 [2129M]E721系仙台車*4 ★★★☆☆
★は乗車率

第一目的地、黒田原に到着。
ここで「ゲレンデ蔵王」の回送を撮影しようと思う。他に宝積寺、蒲須坂、野崎等の撮影地と迷ったが、結局ここまで来てしまった。景色は北に行く方が良くなるが、「北斗星」の撮影は諦めなければならない。

日の当たらない場所には、ちょっぴり雪が残っている。晩のうちに雪が降ったのだろうか?駅で居合わせたお年寄りに聞いてみるが、つれない返事。
黒田原駅

なかなか雰囲気のいい駅なのに、今月中に無人駅化されてしまうとか。

線路と並行する道路はないので少々遠回りだ。それなのに道を間違い、買い手の付かない寂れた別荘予定地に迷い込んだり、鬱蒼とした木々の間を抜けていくと線路へ突き当たった。でもここは目的地ではない。戻るのも嫌なので線路端の保守用道路を歩いていくと、目的地らしい場所へとたどり着いた。

五年程前にもここへ来た覚えがあるが、こんな開けた場所ではなかった。木が全て切り倒され、山が禿山となっている。まるでこの上で撮ってくれといわんばかりに。
撮影地

禿山を尾根伝いに登っていくと、既に先客が二人いた。

まずはカメラを上野方へと向ける。奥には雪を被った山々(日光連山?)があるが、露出を線路に合わせると飛んでしまう。
ED75+タキ貨物@黒田原~豊原

1004[下り]ED75牽引のタキ貨物
これは幸先がいい。
1015[下り]EH500牽引の高速貨物+[上り]ED75の単機回送
それらが目の前ですれ違う。
583系仙台車@黒田原~豊原

1029[上り]583系「ゲレンデ蔵王」回送

いきなり現れたので焦る。先日の313系を撮った俯瞰ポイントと似たような環境で、そのまんまでは露出オーバーに。構図も短い編成にバックの景色とバランスを取るのに苦心。
-- 続きを読む --

この歳になるとツライ事 

久しぶりにムーンライトながらで上京。

ながらを利用する際は、二時間余りの待ち時間をどうやって過ごすか困る。
今日は伊奈駅で一人バルブ大会を開催。寒いが、これから向かう地のことを考えたら今のうちに慣れておいた方がいいだろう。
名鉄7000系@伊奈

先日下見をしたときは(といいつつ、ホントはカードを忘れてきて撮れなかったのだ)、P4+4のいる位置はこんな狭っ苦しい状態じゃなかった。たぶん、車両の配置が平日と休前日で違ってくるのであろう。また出直しだな・・・

と言う訳で、ようやく日を跨いだ豊橋駅。
なんだか表示機が新しいタイプに換えられるのか?既に隣のホームでは作業員が撤去工事を始めている。某並行私鉄ではソラリーどころか、行灯を未だに使っている駅もあるのにね。
ムーンライトながら@発着表示

しかしこの表示をよく見なかったせいで、1号車指定なのに9号車に乗り込んでしまう。通路には荷物が溢れているし、180mがすごく遠く感じる。
ムーンライトながら@車内

今日の車内は不気味なほど静かで逆に気を遣う。また浜松辺りまでは走行音もとても静かである。ロングレール化の賜物であろうが、こういう無機質な乗り心地は逆に眠りを誘わない。

この列車には165系時代からよくお世話になり、373系化で今の名前がついた時はどんなに嬉しかったか。しかし歳をとって若者と呼ばれなくなるぐらいになると、いくら席が確保され椅子が倒れても利用するのはツラい。
ムーンライトながら@沼津
豊橋047→東京505
 快速ムーンライトながら
 [390M]373系静岡車*9 ★★★★☆
 ※★は乗車率


沼津停車中のながら。目をつぶっても眠れなくて、ここまで来てしまった。ホームに出て新鮮な空気を吸っていると、東京方で乗務員がなにやら慌しく、やがて全日警まで乗り込んで来た。後から知った事によると一部の乗客が暴れていたらしいが。

ヘタレを救える機能、救えない機能 

今日はEOS 40Dのライブビュー機能で、液晶越しにピントを合わせて撮ってみた。
架線柱に張ってある番号札を目安に合わせてみるが、拡大機能を使ってファインダーの解像度?を超える細かな調整ができるし、なかなか面白い機能だ。しかし出来上がりを見るとピントがちょっと合ってない。現場は風がものすごく強くブレブレだったので、今日の所は天候のせいだという事にしておこう。
313系1700番台@東上~野田城

拡大してみると、貫通扉の前に立ったJRの職員がコッチを睨んでいる。ここは線路から50メートル以上は高い場所なんだけど、ちゃんと見えるのかいな。

この場所はバックが緑一色に近いので、反射光式の露出計の場合は惑わされてオーバー側に振れる事が多く、このカメラの露出計もそうであった。そこは一昼夜かけてようやくインストールできたDPPでアンダー気味に後処理してみた。

その後に来る伊那路はセットで買ったEF-S18-55mmISで撮ってみる。
373系東上~野田城

今日は雲一つ無く青空が広がっていたので、ワイド端で撮ってみた。なかなかいい感じのレンズである。こちらも青空につられて露出がイマイチ決まらなかったので、DPPでオーバー気味に調整してみた。しかし帰りに寄った本屋にあったDPPの教本によれば、画像の劣化が避けられないから、ソフトの露出補正を頼るなと書いてあったな・・・

そういえば先日書いたAF-ONボタンの設定は、CF機能で好みに割り当てて直せたが、今度は露出補正の際、+/-ボタンを押しながらでないとサブダイヤルが使えないのが気になる。露出決定の失敗は、そのせいだという事にしておこう。

銀塩一筋ウン十年・・・ 

の人間が買っちゃいました。フルサイズ機が買えそうな値段になる前に、撮る物が無くなりそうなので。
EOS40D

レンズはセットで買うとやたらとお得なEF-S17-85ISや、それ以上にお得なタムロンの17-50f2.8と迷いつつ、結局コンパクトなEF-S18-55ISに。このセットは思ったより安くないし、近場で売ってる所も少なくて困った。でも軽くボディと合っていると思う。正直いえばEF17-40Lも欲しい所だけど。

と言う訳で、早速お目当てのパノラマを撮りに行きましたとさ。

名鉄は引きが撮れない場所が多いので、パノラマの撮影ではフルサイズよりもAPS-Cの方がメリットが大きいと思う。ちょうど70-200にエクステンダーが欲しかった所なので、カメラがその機能を兼ねているといってもいいだろう。
名鉄7000系@本宿

ISOをAUTOにしたままだと400ぐらいに設定されるみたいで、ずっと銀塩で100という感度に縛られていた身としては、常に4桁のシャッタースピードが選べるだけでも驚きだ。

我が家の銀塩EOSは全て*ボタンがAFロックになる様に設定しているが、40Dではどうやったら同じ様に設定出来るのか?AF-ONなんてそれっぽいボタンがあるが、それを押してからシャッターを半押しするとロックが解除されてしまう。どうも浦島太郎でよく分からぬ。
名鉄7000系@国府

デジに移行すると大概の人は、一時流し撮り馬鹿になるのではなかろうか?フィルムだと押しっ放しの乱れ打ちなんて、外に100円玉をバラ撒くみたいで滅多にやれないが、デジなら気軽なもんだ。

上はすべてjpgの撮って出しで、CFカードから強引にコピー。
RAW画像を吸い出すEOS Utilityというソフトが、XPのSP2以前の環境だとインストールされないそうだ。という事で今は懸命にSP2をダウンロード中。残り時間10時間45分とか(泣)

今年最初の撮り始め 

といいつつ、持ち出したEOSにはフィルムが三枚しか残っておらず。という訳でコンデジが大活躍。

例の架線柱が建て替えられた江島付近。その鋼管製の架線柱を叩いてみると、「コーン、コーン・・・」と音が響く。本当に中が空洞になっているみたいだ。
373系@江島

先日のコメントで、sinyaさんが露出に影響すると言ってましたが、これだけ大きく写りこむとホントに影響が出てきて、+1EVぐらい補正しまくる。

古い架線柱は踏切真際の所に一本だけ残っているが、支えているのは信号系の線のみ。
119系@江島

路盤にめり込む様に立っていた古い架線柱よりも、新しい架線柱は外側に立っている。この立て替えにあたって、わざわざ隣の田んぼを用地買収したのか?リニア建設にポンと数兆円出す会社が、勝手にブン取る訳がないだろうし。

しかしそのお陰で、線路から離れた場所でも足回りがスッキリと見える様になった。この派手な架線柱が気にならないのなら、以前よりも撮影がし易い場所になったと言えるだろう。