ゆきぽんのおきらく雑記

憎っくきアイツがこの中にいる 

三連休の中日でも日車の工場は稼働していた。
ちょうど終業真際。この時間帯になると工場内の入れ換えが始まり、完成真際の車両が工場の外からでも見られる事が多い。
N700@日車豊川工場

今日は先頭車を含んだN700が出てきた。
N700のお陰で日車の工場は盛況らしいが、受注後原油高により部材価格が上昇、今では作れば作るほど赤になるとのもっぱらの噂。まぁ今や車から食料品までそんな感じで困ったもんだが。
N700@日車豊川工場その2

たった四両なので、ちょっと引き出しただけですぐに引き返す。
???@日車豊川工場

N700が退いてくれたので工場の中が見える。おおっつ、コレが噂の・・・アレかと舞い上がるが、良く見れば単なる構材の様である。グリマの板キットをニッパーでランナーから切り離した状態みたいな物か?
小田急30000系@日車豊川工場

次は小田急のEXEが出てきた。新型ATSの取り付け工事の為に、わざわざここまで送り返されて来たらしい。
これで今日の入れ換えは終了。係員はさっと門を閉め、中は見えなくなってしまった。
スポンサーサイト

PCドキュメントビュワーを鉄道趣味に活かす 

何処かで聞いた話によると、携帯電話にある機能の中で無意味だと多くの人に思われているのが、pdf等のPCファイル閲覧機能だそうな。でも使い方によっては、これほど便利な機能もないだろうか。その鉄道マニア的な使い方をちょっと書いてみる。
携帯はauのW53ca、この携帯はpdf以外にもWordやExcel、htmlやIEのWebアーカイブなどのファイルも表示できる。また液晶はワイドVGAなので、パソコンに近い表示能力も持っている。

まずは名鉄運用研究所にある名鉄電車の運用データーを入れてみる。
このサイトの作者さんには、足を向けて寝られないほどお世話になっていたのに(もちろんコチラの一方的な思いで、面識はないが)、最近サイトの更新が止まってしまった。早い復活を願っている。

ここの運用データーはExcelで作成されているので、プラウザからExcelにコピペすれば、データーがすぐに活用できる。という事でちょっとセルに色付けして、xlsファイルをそのまま携帯に読み込ませてみた。
W53CA_PCDV@p6_休日.xls

しかしこんなに小さくては、何が書いてあるのかさっぱり分からない。しかも余計な余白セルが表示されて、ただでさえ狭い画面が更に狭くなっている。
文字が大きく見える様に、フォントを大きくしたり、セル幅を広げてみたりしてみるが、PCドキュメンドビュワー上ではxlsファイルのフォントやセル幅の設定は全く反映されないのだ。

今度はxlsファイルをExcelからプラウザ上に表示させる機能を使い、IE上からWebアーカイブファイル(*.mht)で保存したものを表示させてみた。
W53CA_PCDV@p6_休日.mht

ようやく、画面一杯に表示された。これなら2.8インチの画面でも何とか読めるだろう。
-- 続きを読む --

この場に100人はいただろうか 

EF58-157@豊川駅


EF58-157@豊川駅その2

これでゴハチは二度と飯田線へ踏み入れる事はないのだろうか・・・

リベンジ 

前回と間をおかず、またゴハチ工臨が走った。残り少なくなった検査周期との関係で、こんな忙しい計画になっているのだろうか?

帰りの単機回送を狙ったが、新城付近のスジは前回とほぼ一緒の様。119系の4連と東上駅で交換する時間なので良く覚えている。という事は前回のリベンジが果たせる訳で、それ幸いと豊川駅へと向かった。あとは豊川稲荷のP6運用に7000系が入っているかが心配だ。
EF58-157@豊川駅

幸いパノラマは7000系であった。それが到着すると、すぐさま間を313系1700番台が追い抜いていく。短い時間に華やかな光景が繰り広げられるが、それを撮る方もてんわやんわである。

天気が悪いのもツーショットを撮るには幸いであったが、ちょっと天気が悪すぎ。シャッターは常に2桁以上のスピードが選べなかった(未だにポジフィルムでそれがISO100だから)
EF58-157@豊川駅その2

皆駅のホームで撮っているので、パノラマが出てから行ってみる。天気は相変わらずであったが、薄い雲の隙間から強烈な夕日が顔を覗かせている。しかしゴハチには届かず、運転席横の雨よけ付近に薄く射すぐらいのものである。

前回は16時50分頃の出発であったが、今日はもう少し早く16時30分頃ゴハチは出て行った。その後急に天気が回復し夕闇空が目の前に広がった。豊橋付近で撮影していた人達はいい写真が撮れたではなかろうか。