ゆきぽんのおきらく雑記

寝られない 

きたぐにB寝台 その2

まだ寝られない。
列車は微妙に遅れている様で、福井の二分停車がふいになりアルコールが手に入らなかった。

しかも中段がギシギシと音を立て始めた。
しかし時折パタリと音は止む。どうやらコイツは路盤のよしわるしを計るバロメーターの様。カネを払って軌道検査をやらされている、とても悪い気分だ。

今度は枕の位置が気になり始める。枕はデフォルトでは進行方向に置かれているが、これってまさか北枕?と。北陸地方の地図を頭に想い浮かべてしまうが、冷静に考えればくだらない。

明日は新潟から会津若松まで一っ走りする予定なので寝ないとまずい。
もうすぐまとまった停車時間のある金沢へ着くが、アルコールが手に入りそうな代わりに、撮影会を開催してしまいそうだ。
ああまずい。
深夜の金沢駅


と言うことで、深夜の金沢駅・・・
スポンサーサイト

急行きたぐにB寝台 

きたぐにB寝台 その1

う~ん、揺れて上手く撮れない。かつての「はつかり」はこんなに揺れたかな?

ただ今北陸トンネルの辺りだろうか。なかなか「きたぐに」は利用する機会がないので、今回B寝台を奮発してみた。
もう深夜なので乗り込むとすぐに車掌が検札にやって来た。なかなか気分がいい。

寝台は上の方まで埋まっているが、自分のベットの上には誰もいない。車端の余り良くない席だからか。
乗り込んでみると、これがカウンタックの室内高とほぼ同じの圧迫空間か、と感慨に更けったりしてると寝る時間がどんどん少なくなるので焦っている。

しかし583系の寝台に乗るといつも荷物の置き場所には苦労する。仕方なく足下に置くが自らの短い足でも窮屈だ。
三脚の類いはガラ空きの寝台用具倉庫を勝手に間借りしている。こんな席をあてがったJRへの当てつけとはいえなくも無いけど。

ああ、心地よいけど寝られない。アルコールでもかっておけば良かったかな。

313系5000番台 

クハ313-5001

区間快速豊橋発大垣行。
5000番台の第1編成に当たりました。まだ新車の匂いがプンプンでクラクラしそう。

ラッキーかと思ったけど、第1編成に続き、2、3、6、9と次々と5000番台車を発見。今や東海道本線の名古屋周辺では古い番台の方が珍しいくらい。
今回は荷物が多いのでトイレ横の一人掛け席を狙っていたのに、5100番台の車両には無くなってしまってるみたいですな。
5000番台のトイレ

コスモス 




コスモスにはもう遅いようで・・・

空は凄く澄んでいて綺麗で、カットするのが惜しいぐらい
列車が来るまで地主のおばちゃんと井戸端会議してました

約10年ぶりに登場した、新ダイヤグラム作成ソフト 

Oudia - 磐越西線 ダイヤグラム


OuDiaのホームページ

Oudiaという新しいダイヤグラム作成ソフトを使ってみた。
少々インターフェイスがまどろっこしいが、データー入力はかなりし易い。試しに磐越西線の会津若松~新津(新潟)を打ち込んでみると、1時間もかからなかった。
今までは本家WIN版のWINDIAよりも、Mac版のDrawDIAの方が色々とよく出来ていて入力も楽だったけど、このソフトの登場でもうわざわざMacを立ち上げなくても良くなりそうだ。

しかし、なぜこんなコトをしているのかというと、お分かりですね。
コイツの上りと「あがの1号」の交換は豊実でいいのかな?
確か以前diaデーターを作った時も、ダイヤグラム上の衝突で悩んだのを思い出しました。

わくぐり神社 

わくぐり神社


飯田線の江島~東上間にある、わくぐり神社。ここは安産祈願では有名で皇室の方々もここで祈祷されているという、由緒正しい神社。

道路の両端にある石柱は何かと思っていたら、お祭の時にこう使うのですな。
この間に電車を入れて撮ったら面白そうだけど、今年は撮影する暇がなかった。来年は是非、そういうアングルで撮ってみたいという事で、ここにメモっておく。

日本車両の裏門から 

日本車両豊川工場 その1


日本車両の裏門をたまたま通り過ぎると、妙な車両が止まっていた。

日本車両豊川工場 その2


正体不明だが、なかなかそそられてしまった。一見LRTの様だけど腰高で、何両か連結されて編成になりそうな感じだ。
近鉄や三岐鉄道のナロー線区に新車が入れば、こんな感じの車両になるのではなかろうと(色も茶色ベースに黄色だからね)、まず思い浮かんだけど、ホントは何処向けの車両なんだろう?

日本車両豊川工場 その3


その脇には313系が二編成見えた。
静岡県に住む鉄道マニアには、気になってしょうがない存在ではなかろうか。

www.yuki-pon.netについて 

最近は全然更新していない、自身のホームページ。
http://www.yuki-pon.net/おきらく鉄ちゃん

あまりほったらかしにしていたら、ドメインの更新を忘れてしまった様でアクセス不可に。契約は10/6までだったらしい。
しかしこんなドメインを欲しがる人は幸いにもいなかった様で、すんなりとドメインを取り戻す事が出来ました。

と言う訳で、もうwww.yuki-pon.netは見られる様になっているはずです。
ただし今後ヘッダの部分に広告が出るかもしれません。今まで無料レンタルサーバー会社にお金を払い、広告を免除して貰っていたのですが、今年からそっちの契約は止めようと思っている所なので。

117系さわやかウォーキング臨、飯田線へ 

今日のさわやかウォーキングは久々に飯田線沿線の開催。その関連で2本の117系が臨時快速列車として飯田線へ。

さわやかウォーキング臨 その1


まず朝の一本目9520M名古屋からの直通快速。ご覧の通り幕が真っ白でナンダコリャ。

さわやかウォーキング臨 その2


二本目は9443M豊橋始発の快速。こっちの幕はちゃんと「快速」となってます。

今日のアシは久々に飯田線を使ってみた。一本目を東上で撮った後、普通列車で鳥居へ。急ぎ足で坂を登り定番の↑で撮影。そして中部天竜までという二段活用。

たまに電車の車窓を眺めてみると、新たな発見があるもんです。近年山を切り開いた所に、新たに道が出来てたりして、俯瞰が出来そうだなぁ・・・とか。トロッコが無くなっちゃったので、そういう発見もちょっと空しいけど。
-- 続きを読む --

新城駅の夜間留置車両に変化が 

中国GPを見ていたら面白くて、鈴鹿に行きたくなってしまった。自由席の観戦券なら何とかなるだろう。去年も直前に手に入れたし。
しかし鈴鹿最後の今年はそうは甘くは無かった。何処のプレイガイドでも完売御礼、オークションでは狂った値がついているし。
え~い、週末は大雨でも台風でも何でもきやがれ!、自分はテレビの前でヌクヌクと見てやるぜ!、と頭ん中は自分勝手な考えへ突っ走るw

・・・と、コンビニをハシゴした後判明し、落胆しながらとぼとぼと寄ったのは終電間際の新城駅。ダイヤ改正で運用がどう変わったか?、ちょっと確かめたかった。

まずは563M本長篠行。313系の2連→119系の2連に。本長篠発の特別快速が無くなったから当然の変更か。
その列車を降りてきた若い車掌に声を掛けられる。終電は終わったよと。(ホントはアッチ行け、シッシと言いたかったんでしょうな)

次からは全て新城止まりの列車。
565Mは3番に到着、119系の2連で変わらず。
最終の567Mは2番に到着。この列車は意外にも変更がなく、313系の2連だった。という事は、ダイヤ改正後も最低一編成の313系が、飯田線内でアルバイト運用をこなしているという事か。
この列車はすぐさま豊橋方に動き出し、3番の横にある留置線へと留置。結構慌しい。
さて、2番を慌てて開けたという事はまだ何か来そうだ。

それは0時過ぎにやって来た。列車のライトはあまり眩しくは無い。これは119系だ。しかしなんだか、やけに長いぞ・・・

119系がたくさん

編成も撮ったが暗くてブレブレなので、この集合写真で

461Mは豊川までの運転後、新城へ回送されるのはダイヤ改正前と同じだが、車両が119系4連に変更されていた。119系の4連というと、他にも527Mの天竜峡までの運用があるが(未確認だけど、まだ変わってないよね?)、コイツの編成はそれとちょいと違っていた。

辰野方から両運転台のクモハ119-100がダブルで重連、そしてクハ118とクモハ119というユニットを組んだ編成。4両中、パンタが3つもある面白い編成だ。
これらは真ん中で二両づつに切り離され、明日の朝には二本の列車に分かれて豊橋まで向かうのだろう。

新城駅に留置された119系三本、313系一本の編成。これらがどの列車に使われるのか、新城駅の時刻表を良く見てくれば良かったが、ちょいと忘れてしまったので、またの機会に。