ゆきぽんのおきらく雑記

飯田線内の特別快速列車が姿を消す 

313系×2


明日のダイヤ改正で姿を消す、飯田線内発着の特別快速列車。
最後の特別快速同士の並び。右手は本長篠発大垣行、左手は新城発米原行。

名古屋方面直通といっても豊橋駅での増解結で少々時間が掛かり、必ずしも早く着くとは限らない列車だった。しかしずっと座っていけるという点で、飯田線内から東海度本線の駅へと乗り通す通勤客は結構いた。
しかし明日から東海道本線の快速が8分毎に増発される代わりに姿を消す事に。

さて明日から運用はどの様に変化するのか?、313系は飯田線から一旦姿を消してしまうのか?
こんな大きな動きは久々なので、ちょっと気になるところ。
スポンサーサイト

上と下で時間の流れが違う場所 

天浜線 浜名湖佐久米駅


浜名湖佐久米駅。浜名湖沿いを走る天竜浜名湖鉄道の中でも最も湖に近い、というか正確には湖の間際にある駅である。
ご覧の通り、駅の上では車が時速100キロ以上ですっ飛んでいる。コレが出来る前は本当に素晴らしい眺望の駅だっただろうな、と悔しがってみる。

でも実際この場に立った感じはなかなか気分が良かった。暑くも無く寒くも無いこの季節、青空の下で輝く浜名湖を眺めながら、のどかなこの駅でちょっと過ごしてみるのも乙なものじゃないかと。
-- 続きを読む --

飯田線唯一の313系4連運用をEX-Z850でバルブしてみる 

その列車は営業列車の運転が全て終わったはずの日付が変わった頃に新城へやって来る。
客室の電気は全て消された状態で走ってくるので、傍から見るとまるで幽霊列車だが、その正体は豊橋23時40分発豊川行の回送列車。

豊川駅では車両の停泊が出来ないので、豊川到着後は何処かへ回送する必要が出てくる。設定当初は豊川から豊橋まで引き返していたが、最近のダイヤ改正で新城へ回送する様になり、車両も119系2連から313系4連に変更された。

ごくたまに新幹線が遅れたりすると、この列車は接続を取って新城まで営業運転を延長する事もある。自分はそんな場面に一回だけ遭遇した事があり、最終列車に乗り遅れたと思っていたのに、自宅に帰ることが出来て有難かった想い出がある。

313系4連

先台車付近の青白い光は宇宙人の仕業ではなく、右上の蛍光灯の光が乱反射したものでしょう。

Z850はシャッタースピードが調節出来る上に、2秒セルフタイマーも装備しているのでバルブも簡単。
シャッタースピードの設定値は1/1600から始まり、1/1250、1/1000、1/800、1/640、1/500、1/400、1/320、1/250、1/200、1/160、1/125、1/100、1/80、1/60、1/50、1/40、1/30、1/25、1/20、1/15、1/13、1/10、1/8、1/6、1/5、1/4、0.3、0.4、0.5、0.6、0.8、1、1.3、1.6、2、2.5、3.2、4、5、6、8、10、13、15、20、25、30、40、50、60・・・と無駄に思えるぐらいのきめ細かさ。

適正露出で撮ると飛んでしまうが、方向幕は明日の運転に備えて既に「特別快速」「米原」になっている。秋のダイヤ改正で東海道本線直通の快速列車は全て無くなる予定なので、飯田線内でこの幕はそろそろ見納めかも。

飯田線最古の駅舎が取り壊される(予定) 

某局の地方ニュースを見ていると、大正元年に建てられ名鉄では最古という、布袋駅の駅舎が高架化で取り壊されるそうな。そんな古びた歴史のある駅舎の中には自動改札機が備え付けられており、なかなかシュールな光景だった。

東上駅舎


ちと待てよ、我が飯田線東上駅の駅舎は基本的には明治31年の豊川鉄道開業時のもので、布袋駅より遥かに古い建物だ。しかし東上駅は平成に入ってから改修されており、布袋駅の様にノスタルジーを感じさせるモノは全く無く、単なる古い駅舎である。

しかしコチラも取り壊しが予定されている。布袋駅は保存運動が起こっているみたいだが、こちらは容赦なく12月末までに新駅舎に建て替えられると言うのだ。

写真を撮っていると「以前の長山駅舎は知ってるか?」一人のお婆さんが声を掛けて来た。いい駅舎でしたねと言うと、どうやらいつも長山駅を利用しているらしい。そしてそのお婆さんは東上駅の駅舎まで取り壊される事に悲しんでいた。

駅舎改築のお知らせ

駅舎向かって左側、以前はトイレだった場所に新駅舎は建てられる予定。

近年飯田線沿線で改築された小坂井、長山、三河槙原、三河川合といった駅舎は、コンクリートで一体成型された様な建物で、夏は風通りが悪く冬は非常に底冷えがする。洒落で取って付けた様な天窓に害虫が湧いていたりして、春秋でもあまり快適な建物だとは言えない。

東上駅での数少ない交換風景を、駅の中から


改築後の東上駅はそれらより駅舎らしく見える外観だが、元の建物より狭くなっている。それは駅舎に掛かる固定資産税を減らしたいという、JR側の思惑も強くあるそうだ。
対し改築された所はトイレだけ何処も立派だ。駅舎の建設費用はJR負担、トイレの建設費用は自治体の負担なので、どこも駅舎付きトイレみたいな駅ばかりになってしまう。

駅は地域のシンボルだ。自治体もアホみたいに豪華なトイレを建てるのではなく、駅舎を維持するために固定資産税をある程度免除する様な、そういう考えはないものか。でないと現存する味わいのある駅舎が消え、どんどん無機質で使いにくい駅舎に建て変わってしまう。

P6代走 

5010F+7011F


昼過ぎの豊川線急行運用に、P6代走編成(5310F+7011F)が就いていた。

やっぱりEX-Z850の高速連写モードは・・・ 

先日ちと気になった高速連写モードの連写。気になったので試し撮りをしてみた。
左が1枚撮影モード、右が高速連写モードで撮ったもの。ISO100、1/500、f6.0、フリーエリアAF(同一点)と条件は同一。ハスキー三脚を使用し固定してある。

これらの画像は20%縮尺の上、再jpg圧縮されているので、あまり差は感じられないが・・・
119系@東上

分かりやすそうな点で、電車の行先表示機の辺りを等倍で見てみる。同じく左が1枚撮影モード、右が高速連写モード。やはり、右の高速連写モードの方が解像度が低い事が一目瞭然。
119系@東上_等倍その1

ついでに左上端も見てみると、架線の辺りの解像度がはっきり違うし、空の描写も高速連写モードの方は、横にスジの様なモノが沢山出ている。
119系@東上_等倍その2

これを見ると1コマ分の画素を1/3等分にして、3コマ分を時間をズラして書き込み、内部処理で3コマに復元している様にしか見えないんですが・・・

という事でピントが合わないと感じたのは、高速連写モードを使うとはっきりと解像度が落ちるのだ。残念ながら3コマ秒の連写は、これ一番という時には使えない機能なのね。
9/1の記事に画質の低下はほとんど感じられないと、書いてしまったが、そこには打ち消し線をさせていただきマス。

関連記事
EF58飯田線工臨 15時頃野田城を通過
CASIO EX-Z850で鉄道写真を撮ってみる

EF58飯田線工臨 15時頃野田城を通過 

車を運転していると、野田城の築堤に何人のも人が並んでいるのが見える。今や飯田線界隈でお祭りと言うと、アレがやって来るぐらいしか考えつかない。

しばらく待つと、やっぱり工臨がやって来た。EF58-157の走っている姿を見たのは久しぶりだ。しかし残念ながら画像はナシ。例のアレは持ち歩いていたが、とっさに撮れるほど操作には慣れてはいなかった。

沿線住民のN氏に聞くと、今日は午前中にキサヤ検も見たそうな・・・

ゴハチの姿は撮れなかったので、後からやって来た115系の姿をEX-Z850で撮ってみる。
シャッター優先AE(1/500)、高速連写、AFエリアフリーモード
115系飯田線普通

三脚にくくりつけて撮ったのに、ピントがイマイチなのだ。もしかして・・・

関連記事
CASIO EX-Z850で鉄道写真を撮ってみる

CASIO EX-Z850で鉄道写真を撮ってみる 

コンパクトデジカメは気軽に持ち歩けて撮影が楽しめるけど、ここ一番という時の撮影には、絞りとシャッタースピードがいじれないのはちょっと物足りない。で、マニュアルAE機能付きのコンパクトデジカメはないかと調べてみるが、コレがほどんとない。

キヤノンにはPowerShotA540、A80辺りにマニュアルAE機能がアリ。特にA80はEOSのサブダイヤルの様な物も付いていて操作性も高いが、どちらも常に持ち歩くのにはちょっと大き過ぎ。ペンタックスにはOptio SV(SVi)という通向きのコンデジがあったはずなのに、いつの間にかディスコン。しかし今月発売の新機種A20にはマニュアルモードが再び載るらしい。パナソニックのデジカメには絞りとシャッタースピードの表示があるものがあるが、コンパクトクラスでは調節は大概不可能。

そしてカシオのEXILIMにもマニュアル機能が付いたものがあるらしい。
カシオ EXILIM EX-Z850

EXILIM EX-Z850、しかもコイツには3コマ/秒の連続撮影まで付いている。すごく鉄道写真には最適そうなコンデジなのに、どういう事かもう市場では品薄(3月に発売されたばかりなのに)。しかし在庫のある店を探せば、性能の割にかなりお安い値段で手に入る様で、自分は某量販店で26,800円の値札を見て思わず手に入れてしまった。

という訳で、EX-Z850で鉄道写真を撮ってきた。 まずはオートモードで名鉄パノラマカーを撮影。
名鉄パノラマカー

ここでは電車のスピードもゆっくりなので、どんなカメラでも無難にこなせそうなシーン。
最前列にはこちらを怪訝そうに見つめながら、ビデオを持って座るヲタさんがちゃんと見えますw

場所を変え、今度は3コマ/秒の連写モードとシャッター速度優先モードで東海道本線の列車を撮ってみる。
シャッタースピードは1/800に設定。すると液晶にはf5.1と表示される。しかし絞り優先モードを見る限り、このカメラにはf2.8とf4.0の二段しか絞り値がなさげなので、実際はf4.0の実絞りにNDフィルターで減光して、f5.1相当という絞りを再現しているのだろう。
211系を連写

ちょっととタイミングを外してしまったが、コマ3秒というスペックに偽りは無さそうだ。
素人考えでは、この連写スピードを達成する為にカメラの内部で何かを犠牲にしている(クロップ処理の様な?)のではと思ってしまうが、画質の低下はほどんと感じられない→以下の記事を参照

やっぱりEX-Z850の高速連写モードは・・・
-- 続きを読む --