ゆきぽんのおきらく雑記

抹茶色に染まる・・・ 

2015102201.jpg
2015/10

石榑峠で関西へ突き抜ける前にかならず寄ってしまうトコ。

看板がお邪魔だが一番近いところに北勢線のスターがいてくれた。

光源のせいか、カメラのホワイトバランスがお馬鹿になっているのか
よく分からないが綺麗な色が出てくれた。

カメラを手にしてウン十年。
とは言っても、ライティングのテクニックなんてゼロなんで、
この色を再現してくれと言われても、多分できない(笑)
スポンサーサイト

一期一会 

2013050302l.jpg
2013/5/3

200系の動きがつかめたのは終電間際。
東員駅で張っていたら、ようやく22時3分発の阿下喜行きでやって来た。

上り終電はもう終わっているので、到着後阿下喜駅にて留置されるかも・・・
とも思ったが、まだこの列車を含めて三本ほど下り列車がある。
阿下喜駅のホームは二面なので、夜間留置があっても帰ってくるハズだ。

一時間ほど経ってから200系は無事帰って来た。
留置線に押し込められ、パンタはすぐ降ろされてしまったが、
本当にいい所へ止めておいてくれた。

やっと出会えた、でもコッチじゃない!! 

2013050301l.jpg
2013/5/3

石榑峠の道路が整備されて使える様になったので、
北勢線へ寄ってから関西という楽しい計画が立てられるようになった。

北勢線には何度も足を運んでいるが、自分が行く時に限って200系が走ってない。
今度こそはと思うが、今回もなかなか遭遇できない。

が、あとでカメラで確認してみるとちゃんと撮ってるじゃないか。
阿下喜方の先頭車はみんな同じカオなので、前ばっかり見てると形式が分からない。
ホントは逆向きから撮りたかったのだ。

今頃ビールに・・・ 

2010052701.jpg
2010/5/27 三岐鉄道北勢線 麻布田~楚原

これほど暑くなると、あんなに好きな趣味もやりたくなくなる。

DPPを開いてみると、もう一ヶ月ほど新しいデーターがない。
でカメラはというと、足下に転がっている有様。

そこで過ごしやすかった季節を振り返ってみる・・・しかないのか。


二本の鉄道に挟まれた、三重県の北勢地域。
元々恵まれた気候なのと、大規模な田んぼを持つ専業農家が多いのか?
米を作る前に、麦を作付けする所が多い。

それは5月末頃に収穫を向かえるが、
実った麦畑というのは、稲に負けず劣らず結構美しいと思うのだ。

ただこの季節、三岐線の方は貨物列車の大半が運休してしまう。
そこで北勢線の方を走る、この可愛らしいナロー電車の方を
撮るしかなくなってしまうのだった。

しかし可愛らしいといっても、4連もあって結構勇ましいのだ。