ゆきぽんのおきらく雑記

速度差 

2013030904l.jpg
2013/3/9

リンクの動きは見ていて飽きない。
スポンサーサイト

日常の風景 

2013030903l.jpg
2013/3/9

上空を見つめると飛行機が・・・
間近で見たいと思うが、その前にここへも寄って行こう。

しかし蒸気機関車が来るまで待っていると、
飛行機が全部出払ってしまうかもしれない。

到着するとちょうど蒸気機関車がやって来た。
時刻表にない列車だ。
ラッキー!!

すぐさま転回作業が始まるが、
ターンテーブルにはC12が鎮座している。
どうするのかと思っていたら、このC11で引き出してしまった。

この機関区の真横には最近新興住宅地が造成されたが、
こんな風景が毎日見られるなら、住んでみたいと思ったのであった。

[C108] 形式C10 

2012120903l.jpg
2012/12/9 大井川鐡道本線 五和~神尾

新東名のインターチェンジの最寄り駅から、たった一駅。

そのたった一駅でガラリと様相が変わり、周りはいかにも大井川という景色となるが、
正直行き掛けの駄賃程度の撮影だと、向こう側へはあまり行きたくない。

そこでその辺でお手軽に撮影出来る所を探してみる事に。

ここには既に先客さんがいた様であるが、
一緒に連れてきたオヤジが空気の読めないがために、
どうやら気を遣わさせてしまったようで、どうもスミマセンでした。

もう一個向こうのポールで構えてられた方へ。

名称変更 

2012052601.jpg
2012/5/26 大井川鉄道大井川本線 川根温泉笹間渡~抜里

今は堂々と地域の名を冠した川根温泉を名乗り、
最寄りの駅名まで変えさせてしまうほどの人気であるが、
以前は茶里夢の泉という名前の小さな温泉だった。

駐車場はデカいが、肝心の温泉は小ぢんまりとした設備で、
内湯と外湯の二つだけ。
それが改装・増築されて、今は外湯は湯船が色々とゴチャゴチャある。

そしてココのウリの一つが豊富な湯量。
あれだけ広い静岡で、名高い温泉が捨てるほどあるのにココが一番なのである。
でも湯に浸かりながら、蒸気機関車を眺められるというのが
ココが人気になった最もな理由なんだろうね。

そこからはこんな景色を見られる訳だが、
温泉にカメラを持ち込むわけにはいかない。
そこで手前1キロ弱ぐらい行くと、丘の上に展望台が用意されている。
カメラを構えるならそこである。

ここまで登れば川の水も見えてくる・・・