ゆきぽんのおきらく雑記

見通し良好 

2017011002.jpg
2017/1

大雄山甲種は小田原の駅でもまたひと騒動。

列車の発着を止め、後続の列車も入換に使い、
乗客を30分近く足止めさせる。

そうしてEF65と控え車のコキに繋がれ、ようやくJR線へ。

少し前はコキじゃなくワムだったけど、
こう見通しのいい感じじゃなかっただろうね。
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

天候不順 

2012022501.jpg
2012/2/25 東海道本線 根府川~真鶴

朝起きると土砂降り・・・

同時にテンションもダダ落ち・・・

適当に撮ってやろうと思って、この車から歩いて0分の場所を思いつく。
ただこの場所は先客がいたら諦めないとならない。

まず海側からアプローチするが、側道が細いのでよく分からない。
そして山側からアプローチするが、側道があり過ぎて分からない。

ようやく見つけた時には、三条の光が側まで迫っていた・・・

相模湾を見下ろす 

下りの始発が走り始める頃になっても、暴風雨は収まらず。
どうしようかと一本見送り、二本目で決心。ホームで待っていると、「583系を撮りに行くの?」と声を掛けられ、その方と一緒に根府川まで向かった。

根府川駅の下りホームには雨露、風までしのげる待合室があり、小田原駅でガタガタ震えて待ったのがアホみたいであった。
駅舎でどうしようかと話していたら、もう一人の方がやって来て三人組となった。幸いな事に30分もしないうちに雨は止んだので、風はまだ強いが撮影地に向かう事にした。目的地は石橋の鉄橋、米神のトンネル、そして自分はそのトンネルの上から俯瞰とそれぞれ違っていたので、進むにつれそれぞれ別れていった。

そこには四年ほど前に来ているので、道順は覚えているはずだった。なのに最初の入り口でつまづいた。すぐに折り返し、携帯のGPSで地図を見てみると入口は一本先の道であった。
すぐに急な坂になり、つづら折りになっている箇所もあった。三叉路に出くわしたので、また携帯で方向を確認。方向音痴にとっては便利なもんである。

はぁはぁ言いながら、山を上って下って撮影ポイントに到着。一番乗りであった。
E231系@早川~根府川
ここは線形もいいし、周囲のみかん畑、密集した住宅、そしてバックの海に小田原の街と、美味しい要素が沢山ある。でも全てを組み合わせると、肝心の車両が小さく写ってしまう。583系はたったの6連で勿体ない気がするし、結構悩む。

EF66+コキ@早川~根府川
真ん中辺りにある大木をはじめ、所々に葉の付いてない広葉樹も車体に被るし、今日はお祭りなので、左側の道路には同業者やその車が集結しているのも写り込んでしまう。

反対側には新幹線も微かに顔を出す。撮るには、速くて集中力が必要であるけれど。
500系@小田原~熱海
500系だけはしっかり押さえておいた。
-- 続きを読む --