ゆきぽんのおきらく雑記

ちょっぴり異空間 

2018010802.jpg
2018/1

阿波池田発須崎行普通列車。
まだ17時代であるが、高知への最終列車である。

この列車はとんでもなく時間がかかる。

阿波池田を17時40分に出発。
まず小歩危で11分、大歩危で4分、対向列車の通過待ち。
たかだか30分kmの距離を一時間近くかけて、やっと高知県入り。
大杉で6分。

そしてこの土佐北川駅。
仰ぎ見ると雨の粒が気になるが、
すぐに目が慣れ、四方を囲むトラス・・・のちょっぴり異空間。
ああココがあの駅だと感嘆!

もっと居たかったが、この駅は3分停車。
全ての駅で対向列車が遅れてきたので、
時刻表通りとはいかないのが少々イラつくが。

繁藤10分、そして大トリであるスイッチバック駅の新改。
ようやく人の営みが感じられて、土佐山田で4分。

高知には20時12分着。
もう付き合いきれないので、降りる。
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

なんで大歩危小歩危って、徳島県なんだろう・・・ 

2018010801.jpg
2018/1

鉄道の要所って、なんだかいるだけでワクワクしてくるね。

数十分ぐらいの待ち時間も気にならない。


ただこの駅、普通列車の場合、
恐ろしく連絡が悪い事のほうが多い。

帰りは特急列車に乗ってワープしたけどね(笑)
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

三列車交換!? 

2017031501.jpg
2017/3

北のナンバーワン秘境駅は少し前にクリアしたので
今度は四国のナンバーワン秘境駅を目指した。

この駅、乗り鉄メインの旅だと、なかなか長い事いられないもんね・・・

国道から獣道を降りていくなんて芸当はとてもじゃないので、
小幌の時と同じアプローチで手前の駅に車を置いて、
列車で向かうという作戦である。

讃岐財田駅に到着すると、ちょうど列車が待っていた。
駆け込んで乗り込んでもいいが、よーく考えたほうがいい。
小幌の時は撮影用のダイヤグラムをアテにして
8時間ぐらいいるハメになった。

時刻表を見ると次の16時36分発に乗れば、19時25分着で帰ってこられる。
コイツに乗っても帰りの列車は同じである。

という訳で、次の駅で面倒くさいスイッチバックをし到着である。
運転士兼車掌に「降りるんですか?」と聞かれる。
大した覚悟じゃないけど、別に列車に乗るためにやって来た訳じゃない。

この坪尻駅へ降りるためにやって来たのだ。

土讃線 坪尻 JR四国1000形
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit